足の爪のケアセミナーで得たこと

 

先日行った「足の爪のケアセミナー」の様子です。

午前中は手の爪と足の爪の機能の違いから、足の爪のケアをどう進めるか考えるための説明と実習。
足は体重以上の重さを支え移動する。そんな足の爪のケア、手のケアと全く同じはずがない!と私は考えます。
そして、足のケア時には手の時より注意事項が出てきます。

だから、自分を守ることも必要。
施術できるかどうかの判断基準を身につけることも必要。
医師への相談を勧めることも必要。

フットケアのことを今一度基礎的なことから考え直し、現時点での自身の技量を把握しておくのも必要だと思います。
ネイルトラブルのことが以前より表立っているこの頃、少し勉強したくらいで施術可能なことではないと私は考えます。
まずは私達ネイリストの職能範囲内で可能なことをしっかり理解し、身につけることが重要だと思います。
いろいろやってると基礎の必要性を感じます。

受講者のお一人が巻き爪で痛みがありました。
でも、爪の形を整えるだけで痛みが軽減して感動していました。
こういうことも足の爪のケアの大切なところだと感じます。

何にしても基礎が大事!

足の爪は奥が深い!
爪を見て、爪の気持ちになってケアできるネイリストに私はなりたい。

「隣の指が迫ってきて爪が曲がるんでるけど・・・」
「靴のサイズ、ちょっと大きくしてもらえないですか・・・」
「角質が溜まり過ぎて前にいけないんですけど・・・」
なんて・・・爪が言ってそう・・・

その声を聞きながら施術がしたい・・・
ちゃんと爪や指の声が聞けるよう、これからも勉強し続けます!

受講くださったネイリストさん達、心からありがとうございます!

これからもネイリストさん達に役立つ基礎的なセミナー、やっていけるよう勉強し直します!
今更聞けない!的なセミナー計画中!
お楽しみに〜〜〜

大庭でした!

 

電話で予約
メールで予約
LINEで予約
スクール専用LINE
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)