私、〇〇なので・・・


っと、前置きする人っていませんか?
私が言ってたのは、「私人見知りなんで・・・」ってやつ!
実際、ほんとに知らない人と初めて会った時は喋りかけるのは苦手だし、したくなかった。
このことを冷静に考えてみた。
まずこの前置き・・・ いらんやろ!
冷静に考えた結果、私の検証としましては、、、
「私、人見知りなんで優しく見守ってくださいね」とか
「私、人見知りなんであなたから話かかけてくださいね」とか
「私、人見知りなんで黙ってても許してくださいね」などなど、守りの手段としてひと言目に発しているのではないかと・・・
言い訳みたいなもん? 喋りかけたくない言い訳? 私のことわかっといてね〜・・・的な発信?って思った。
これは私の場合。
いやいや、自我が強い!
っつうか、不自由・・・
話しかけたかったら話せばいいし、話したくなかったら話さなければいいのに・・・
っと今なら思うが、以前は話しかける勇気が無かったんだと思う。
「なんか面白いこと言わなきゃ・・・」とか「あたしがこんなこと言ったら悪いかな〜」とか、話す前からいろんなこと想像して、言葉が出ないというのが本当かも・・・
だったら人見知りだからと言って黙っていようっと決めてたんだと思う。
不自由にしてたのは、まさに自分の決断だったんだなって・・・
最初の一歩ってなんにしても勇気が必要なことって多いですよね〜
でも、この一歩を出すか出さないかで人生は大きく変わる時があると思うんです。
あの時勇気を出して話しかけたから今の大切な人がいたり、あの時勇気を出して始めたから今の人生になっていたり・・・
自分に言い訳をして「しない」という選択をしていることに気づいたら、人生は大きく変わる・・・
な〜んて、こんな考え方になったのここ数年ですけどね〜
ちょっとした決断が人生を良いものにしたり、つまんなくしたりってあるんですよね。
まずは自分の言葉にどんな癖があるのか、その癖の本質はなんなのか・・・
自分に問いかけてみてはいかがでしょう・・・






URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

電話で予約
メールで予約
LINEで予約
スクール専用LINE