爪周りのケアとは....

本日もネイルズワークのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

オーナーの大庭です。

いきなりですが、ネイルケアって何をするかご存知ですか?

ネイルサロンに行かれる方は普通にご存知でしょうが、そうでない方は「何をされるんだろう....?」と思われるかも...

まず、ファイルというヤスリで爪の長さと形を整えます。

次に爪の周りに張り付いている薄皮(角質)を除去します。

これは伸びてくる爪が、邪魔物(角質)に邪魔されず真っ直ぐに伸びてくるためと、見た目の美しさのためです。

こんな感じ除去します。

キューティクルニッパーという道具を使用して細部の角質を除去します。

拡大すると刃先に白い物体が....これがいらない角質。これはこの指1本分の角質ですよ!

こうやって爪周りをお手入れしていくことがネイルケアです。

この様に爪の周りの白いカサカサがなくなると、スッキリして美しいですね。

でも、やり過ぎはダメなんです。

甘皮というという部分は黴菌の侵入を防ぐためについてる必要な皮膚。

ここをぐいぐい押して超スッキリさせるのはNG!加減が必要なのです。

ネイルズワークでは、お客様のお爪の健康を第一に考えた施術させて頂いてます。

どうぞご安心してお越しください。

ジェルネイルが主流になってるサロンが多いですが、当サロンはネイルケアだけでは通われる方もいらっしゃいます。

ネイルサロンを上手にご利用頂ければと思います。

その他ネイルトラブルに関するご相談もお受けしています。お気軽にお問い合わせください。

本日もありがとうございました。

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

電話で予約
メールで予約
LINEで予約
スクール専用LINE